裏失業保険マニュアル「ハロワと雇用保険の心得」
失業保険のもらい方、雇用保険のもらい方、失業者・無職者・転職者の人のための素敵な失業生活をおくるためのハローワークと失業保険給付手続の心得・裏技
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その他手続き編 「色々な手続きしましょう!」
「やった!退職や!これで自由の身や!」

無事に退職されたんですね、、、おめでとうございます。

でも、あとひとつの難関があります。
そう、面倒な退職後の諸手続き、、、公的な手続きっちゅうやつです。



「健康やから、医療保険なんていらん!」


会社を辞めるときは、健康保険証を返却しましたよね。

ということは、退職した翌日からは会社の健康保険使えないんですよ。
風邪ひいたとしても、今まで1000円やったのが、3000円は払わんとアカンのです!

そこで、会社を辞めた人は絶対に保険に入らんとアカンのです。



社会保険って、ホントややこしいです、、、
第一、名前がややこしい、、、

国民年金、厚生年金、健康保険、国民健康保険、、、


そのなかでも、医療、、、病気や障害に関する社会保険が、医療保険です。


ここで、意外と勘違いしている人が多いのですが、、、


「国民は原則的に、何らかの医療保険に入らなければならない!」

のです、、ハイ。
これを、国民皆保険制度っていってたりします。

残念ながら、ココは、けちれません。

「ケガなんてしたことないから、無視する!!」

といいたいところですが、払わなかったら、病気や怪我、障害の場合、
とても大変になってしまいます。


じゃぁ、やめたらどうなるんだろう?







簡単にいうと、以下のどちらかです、ハイ。

①国民健康保険(通称:国保)に加入する。

②会社の健康保険を任意で継続する。


①の国民健康保険は、自営業者や学生など、職域保険(会社の健康保険など)に
加入していない人全員が入るものです。

ちなみに、医療費の自己負担額は、会社の健康保険と同じ3割。

加入手続きは、住所地の市区町村で行います。
(その際、印鑑、退職証明書(離職票など)、身分証明書などが必要です)

なお、前年の収入により決まってきますが、保険料は各自治体で異なりますので、
住所地の保険料をチェックしてみてください!


②は『任意継続被保険者制度』というもので、退職後2年までは、
会社の健康保険が使用できるというものです。

条件としては、被保険者期間が継続して2ヶ月以上あることです。
まぁ、雇用保険をもらえる人は、間違いなく継続できます。
(手続きは、退職の翌日から20日以内にしないとだめなので、ご注意を!)

この保険を任意継続すれば、医療費の自己負担額は在職中と同じ、
しかも会社の健康保険なので、会社の保養所が利用できたり、
会社が実施する健康診断にも参加できたりするのです。

「じゃぁ、任意継続の方が得?」

・・・うーん、ここが少し悲しいところ。

在職時と異なり、退職すると保険料が全額自己負担になります。

会社と折半して払っていたのであれば、全額自己負担になるので、
以前よりも保険料が高くなります。


・・・で、結論として、どちらがいいかというと、微妙に難しいですが、、、だいたいのケースでは、任意継続の方が安く、特典も大きいかなと思います。(出産一時金や、各種福利厚生など、、、)


といっても、国保は、、、自治体により大きく異なるので、注意!

というのも、ちなみに、国民健康保険の場合、保険料の減額・減免等の措置があります。(他にも、裏技があるのですが、、、それはいずれの機会に、、、)

なかなか認めてもらえないのですが、特に失業というケースに関しては、免除が摘要されるケースもありますので、役所でチェックしてみてください。



さらに、お得な、、、続きはコチラ!
その他手続き編 「色々な手続きしましょう!」

スポンサーサイト

テーマ:失業保険をもらって素敵に生きる!(裏の雇用保険マニュアル) - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 裏失業保険マニュアル「ハロワと雇用保険の心得」 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。